韓国ポータルの反応

DaumやNaverにあるコメントを紹介。意訳・誤訳があることをご了承下さい。

ご無沙汰しております。。。。。

201410081438_61120008744907_1_99_20141008143907韓国車と日本車が外国で衝突しました。ところが日本車は大丈夫そうに見えるのに、韓国車は大きく歪みました。嫌韓指向の日本ネチズンはこれについて、韓国車の水準が云々と嘲笑を浴びせていますが、正しい言葉でしょうか?

写真は先月の18日に、海外の有名な写真共有サイトの日本車コミュニティに上がってから大きな関心を集めました。

「ホンダはほんとに小さいけど丈夫な車だ。『韓国の起亜車が俺のスペアタイアをスクラッチした』って俺の友達が送ってきた写真をちょっと見てみろ」という題名がついた記事です。

写真を見ましょう。ホンダのSUVは後部が無欠で、起亜のSUVは前部が大きく歪んでます。また、起亜車は車両の内部も破損しているようで、オイルがだらだらと漏れてますね。多分、起亜車の前部がホンダ車の後部と接触したみたいです。

写真を見ただけではどんな状況かは正確には分かりませんが、日本の嫌韓ネチズンにとっては、韓国をコケにするための格好の餌食となりました。日本の2CH(2チャンネル)などに写真が出まわってます。

日本のネチズンは「日本車はほとんど衝撃を受けてないのに、韓国車だけが粉砕された」、「韓国車だからだろ」と、皮肉ってます。

肝心の海外のネチズンはもうちょっと理性的にこの写真を分析してます。表面上は無欠に見えても、いい車ではないという反応も多いです。

「起亜車が弱いという指摘は受け入れられない。衝突したときにああいう形で衝撃を吸収するのが安全だからだ。車中の運転手を保護するためにはね。以前は無条件に、車両のフレームは丈夫じゃないといけないという認識があったけど、最近は車よりも運転手の保護が重要だ」

「ホンダ車が無欠に見えるから安全なのだろうと勘違いしたらいけない。とにかく衝突で受けた衝撃をどこかに吸収させないといけない。表面が無欠なら中が壊れている可能性が高い。表面だけを見て修理せずに乗ってると、大事故が起きることもあるだろう」

「後部に衝撃を受けたホンダ車が前に転がっていったら車体に傷がつかないこともあるだろう」

議論が続いて、他のネチズンが日本車と韓国車が衝突した別の写真を上げたりもしました。今度は2つの車両がどちらも半壊してますが、ほぼ同じように衝撃を受けた様子ですね。

kukminilbo_20141008143910329

実際に国内でも、車両が衝突したときに車がどれくらい歪むのが安全なのかについて、議論が激しいです。ほとんど歪まなくてこそ安全だという主張もあり、歪んで衝撃を吸収するのがむしろ安全だという反論もあります。

もちろん輸出用と内需用を別に作って誤魔化した場合は非難を受けて当然ですが、すごく潰れて歪んだから脆い車だとむやみに批判するのは難しいということです。

日本の嫌韓ネチズンは気をつけて常識に合った批判をするように願います。

この記事を読む

20140814092812247概説:日本で6世紀に築造された階段型のピラミッド古墳が発見されて、日本の史学会が揺れている。

明日香教育委員会と関西大学は、奈良県明日香村で飛鳥時代(593~622年)の都塚古墳を調査中に階段型のピラミッド型を初めて確認したと13日に発表した。

今回発見されたピラミッド型の古墳は、一辺の長さが41~42メートルで土を積み上げた5段階以上の形態で、高さが約4.5メートルを越えると推定されている。古墳周辺には古墳を守るための垓字(敵の侵入を防ぐために作られた溝)の跡も発見された。

また、古墳の中には長さ12メートルの石室があり、入り口から石棺を運び込んで納入したものと推定される。関西大の研究チームは、その他の古墳全体の形や規模については明らかにしなかった。

研究を率いた米田文孝関西大教授は「このような階段型のピラミッド古墳は百済と高句麗では見ることができるが、それより1世紀も前に作られたもので築造方法も異なるので、韓半島から流入されたものではないと推定される。追加の確認作業が必要だ」と伝えた。

日本経済新聞は、今回発見された古墳が飛鳥時代の豪族だった蘇我馬子の墓から南東側400メートルのところに位置していることから、蘇我一族の墓である可能性があると推測した。

この記事を読む

長いので一部を紹介。
20140812065707221 20140812065707224
民族問題研究所は1910年代後半と1920年代初めにハワイ韓人キリスト学院の責任者で上海臨時政府大統領だった李承晩大統領の裏の顔を示す記録を発掘して11日に公開した。

民族問題研究所は「李承晩は親日発言をしたアメリカ人教師を庇って、それに抗議した韓国人留学生らを処罰しろと指示した」と明かした。研究所は1920年2~3月に李承晩が韓人学校の関係者とやりとりをした書簡、ハワイ韓人キリスト学院の学生が作成した請願書などを収集した。

1919年9月に韓人キリスト学院理事長の李承晩は、アメリカ人女性教師のアレン・ソーンバーグ(Allene Thornburgh)を教師として招いた。ソーンバーグは親日指向の強い人物で「韓国人は豚と変わらない」「日本の支配を受けるのは当然だ」という発言を繰り返した。1920年2月4日に、ソーンバーグの発言に我慢できなくなった学生7人が「韓国人を嫌って朝鮮を貶める人物がいる」という抗議の書簡を他の教師らに伝えた。学生らは「親日・嫌韓発言や、朝鮮学校を侮辱する人物を警告することにした。学校と祖国を侮辱した教師を制止してほしい」と言った。

ミン・チャンホ教頭はワシントンにいる李承晩に電報を送って「親日指向のソーンバーグが学生らを獣と呼んだ。教師を追い出す」と言った。

李承晩はすぐソーンバーグに「ミン教頭に学生らを服従させろと言っておいたので出て行くな」という電報を送った。李承晩はミン教頭にも書簡を送った。彼は「そんなことは許されない。彼ら(学生)に過酷な処罰をしないといけない」と書いた。

この記事を読む

PYH2014080803930001300_P2_99_20140810101303
ほぼ同内容の日本語記事から引用

【ソウル聯合ニュース】韓国食品医薬品安全処は10日、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱ウイルスの国内流入を防ぐため、富士フイルムグループの富山化学工業の新薬を緊急輸入する措置を検討していると明らかにした。
 同社が開発したエボラ熱の新薬は米食品医薬品局(FDA)から最初のエボラ熱向け新薬として認可されるとみられる。新薬はマウスへの実験でエボラ熱の治療に効能があると確認されているほか、感染したサルを対象に実験中と伝えられている。動物実験の予備結果は来月に出るもようだ。
 米国防総省はこのほど、動物実験が終わり次第、認可までの手続きを迅速に済ませるという立場を示している。
 食品医薬品安全処は「富士フィルム(グループ)が開発したこの薬が錠剤型の経口剤で、ワクチンとは違い大量生産が容易だという長所がある」と説明した。
 また、エボラ熱がまだ国内に入ってきてない上、該当治療剤が世界的に認定されている状態でもないので、米国と欧州の認可動向を見極めると説明した。
 致死率が最大90%と高いエボラ熱は現状では有効な治療法がない。エボラウイルスに感染してから通常1週間ほどで発熱や頭痛、下痢などの症状が出て、悪化すると全身からの出血や多臓器不全に至る。

この記事を読む

sankeijp
前の記事の続報。
ほぼ同内容の日本語記事から引用


 【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた疑いがあるとして、ソウル中央地検は産経新聞のソウル支局長を出国禁止にし、12日に出頭するよう求めた。検察が9日、明らかにした。
 韓国の市民団体は、同紙のインターネットサイトに掲載された記事が名誉毀損(きそん)にあたるとして告発している。問題になっているのは、ソウル支局長による「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた? 」と題する3日付の記事。全国紙、朝鮮日報のコラムや証券業界の情報を引用し、沈没事故発生当日、7時間にわたって朴大統領の所在が確認できず、男性と会っていたとのうわさを報じた。
 検察は、ソウル支局長から数回にわたり、報道の根拠や取材の経緯などについて話を聴く。その後、刑事処分に相当するかを決定する方針だ。


上記の引用にないところを少し追加。

この記事で産経新聞側は「問題となった記事は韓国国会で行われた議論や韓国の新聞のコラムの紹介が中心」であり、「この記事を理由に名誉毀損容疑で出頭を要求するのは理解に苦しむ」と主張した。
この記事を読む

このページのトップヘ