韓国ポータルの反応

DaumやNaverにあるコメントを紹介。意訳・誤訳があることをご了承下さい。

2013年11月

同内容の日本語記事から引用

 韓国政府は、韓国の防空識別圏(KADIZ)を南に拡大して離於島(中国名:蘇岩礁)を含める方針を立て、早ければ来週にも具体的な拡大範囲を決めるという。

 韓国政府の消息筋は29日「朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が最近、防空識別圏をめぐる議論との関連で、韓国の防空識別圏を拡大するよう指示したようだ。これにより、大統領府(青瓦台)国家安保室の指揮の下、国防部(省に相当)を中心に外交部など関係部局が防空識別圏拡張案の用意を急いでいる」と語った。また韓国軍の消息筋は「3-4種類の拡張案について、長所と短所を分析中。どの案で拡張しても、離於島はもちろん、韓国の防空識別圏から一部はみ出ている馬羅島やホン島(巨済島の南にある無人島)の上空も全て防空識別圏に含まれるよう、方向付けされるだろう」と語った。

 韓国政府や韓国軍当局は、中国や日本との事前協議や同意を経て離於島を含む新たな防空識別圏を設定するのは現実的に困難な点から、両国に事前通知した後、一方的に宣言する案を検討している。しかし、中国のように一方的な宣言を行った場合、周辺国の反発など大きな後遺症が予想されるため、苦心している。
この記事を読む

20131128084508244
概説:日本の有力週刊誌が報道機関としては到底容認しがたいほどの表現を使って朴槿恵大統領を卑下し、波紋が生じている。この週刊誌は朴大統領を「今週のバカ」「悪口を言いふらすおばさん」と主張し、「解決策はボーイフレンド」と馬鹿にした。

日本の週刊文春の最新号は、「朴槿恵のおばさん外交」というタイトルの文章で、「朴大統領は就任直後から竹島(独島の日本式名称)問題と慰安婦問題で騒いでいる」と伝えた。引き続き、バラク・オバマ大統領、ヘーゲル米国防長官らに会った際、安倍晋三総理の歴史認識を間接的に批判した内容を紹介してから「朴大統領は悪口をいいふらす『おばさん外交』をやっている」と報道した。

週刊誌は「歴代の韓国大統領は支持率が下がれば反日カードを使ったが、朴大統領は最初から反日カードを使ってしまった。自分の信じている正義のみを一方的に吐き出すだけなら子供と変わらない」と報道した。

また、「朴大統領は人々から愛された経験が少ない。こうした状況を打開するには、やはり『愛』が必要だ。大人のボーイフレンドが今は必要なとき」と、馬鹿にしたように報道した。

週刊文春は最近、「安部総理が『韓国は愚かな国』と言った」と報道したことがある。韓日協力委員会総会に参加していた韓国国会代表団はこれに反発し、15日の昼食行事や午後の総会に参加しないという異常事態となった。日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官「それ(総理の発言)はありえないというのが我々の公式見解」と否定した。それでも再び韓国の国家元首を卑下する文章を掲載したのだ。

これに対し、大統領府の関係者は「そのような報道にいちいち感情的に対応しない」と述べた。

週刊文春は日本の出版社である文藝春秋が発行している週刊誌である。1959年4月に創刊された。現在50万部前後を発刊していて週刊誌の中でトップ3に入る。

この記事を読む

20131126192706290

概説:抗日独立活動家団体連合会所属の安重根義士記念事業会など、独立運動団体の会員らが26日の午前にソウル鍾路区中学洞の駐韓日本大使館の前で、ハルビン義挙現場の石碑設置を契機に最近安重根義士を冒涜する発言をした日本政府に対する“安重根義士卑下妄言の糾弾抗日独立活動家団体記者会見”を開いている。

この記事を読む


概説:日本の内閣府が23日に発表した「外交に関する世論調査」で、日本国民の58%が韓国に対して「親しみを感じない」と回答した。

李明博大統領の独島上陸などが影響を与えた昨年の内閣府の調査のときより1.0%ポイント減少した。「親しみを感じる」と回答したのは1.5%ポイント増の40.7%で概して昨年と同様の傾向が続いた。

尖閣問題などで葛藤を生じさせている中国には「親しみを感じない」という回答が昨年より0.1%ポイント増の80.7%で、1978年の調査開始以来最高の値を記録した。

一方、美日関係では「良好である」という回答が83.8%と史上最高になった。アメリカに対して親しみを感じるという回答は83.1%で、過去最高だった昨年より1.4%ポイント減少した。

今回の調査は日本の成人男女3000人を対象に9月26日~10月6日に実施された。回収率は61.6%。

この記事を読む

20131122070408428

概説:22日午前6時、ソウル江南区のユニクロ江南駅三店で発熱下着“ヒートテック半額イベント”が始まり、顧客が入店するために並んでいる。この日江南駅三店では、ヒートテックを先着500名に限り1万9900ウォンから9900ウォンに割引して販売する。

この記事を読む

20131122160510619
同様の内容の記事があったのでそこから引用

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮による延坪島砲撃事件から丸3年を迎えるのを前に、北朝鮮の朝鮮人民軍西南前線司令部が22日、韓国が挑発する場合には青瓦台(大統領府)も「火の海」となると威嚇した。北朝鮮の朝鮮中央通信が伝えた。
 西南前線司令部は報道官談話を通じ、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を名指しした上で、「傀儡(かいらい)がまた挑発を仕掛けてくるならばその機会を絶対に逃さないというのが、西南前線軍将兵を含むわが軍の意志であり、決心」と述べた。さらに「3年前には報復の火の洗礼が延坪島に限られたが、今回は青瓦台をはじめ傀儡の本拠地すべてが攻撃対象に入るだろう」と強調した。
 また、韓国政府が延坪島砲撃3年の追悼行事を開催することを非難。「昨年から、延坪島砲撃戦がまるでわれわれの挑発で始まったかのように世論を誤った方向に導いたり、敗戦を勝利に見せかける道化芝居を繰り広げたりしている」と主張した。
 西南前線司令部は昨年9月に初めて北朝鮮メディアに登場した。黄海南道の海岸砲と放射砲部隊、海上の南北軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)一帯の北朝鮮側島しょ部を担当している。昨年11月21日にも「火の海」という表現で韓国を威嚇した。

全文はこちらから
この記事を読む

このページのトップヘ