遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
マイペースな更新になりますが本年もよろしくお願い致します。


概説:今年、ベトナム戦の派兵50週年を迎えて公式行事を準備中の政府がジレンマに陥った。ベトナム政府が最近、我が政府の公式行事の開催にブレーキをかけてきたのだ。

政府関係者は9日に「今年は国軍のベトナム戦派兵50週年を迎える年で、報勲処と外交部を中心に50周年行事を準備中」としたが、「最近、ベトナム政府から外交経路を通じ、我が政府の公式行事の自制を要請してきて苦しい立場だ」と明らかにした。ベトナム政府は、韓国軍のベトナム戦参戦を浮かび上がらせれば、両国間の経済と文化交流に否定的な影響を及ぼしかねないという点を取り上げて論じていることがわかった。この関係者は「参戦した勇士と軍の士気を無視することはできず、関係部署で行事推進の主体と性格を決めるために、悩みを繰り返している」と伝えた。現在、報勲処内にはベトナム戦参戦50周年行事の開催に関して、別途でタスクフォースチーム(T / F)が組まれた状態である。

国軍のベトナム戦参戦は、韓・美同盟がよりいっそう強固になり、軍の現代化と高度経済成長の踏み台となったという点で、小さくない意味を持っている。しかし、枯葉剤の後遺症による参戦軍人の被害、アメリカの『傭兵』として参戦したという見解など否定的な論争も絶えず、政府の主管行事の制約になっている。

1992年末の修好当時、ベトナムが「過去のことを埋めて、未来志向的な関係発展のための協力」をすることで我が政府と合意したという点も負担である。政府は韓国とベトナムの自由貿易協定(FTA)締結を目前にしている状況も念頭に置かなければならない。両国の貿易規模は22年間で40倍以上に増えているし、ベトナムは東南アジアでシンガポールの次に大きな韓国の輸出市場となった。

報勲処関係者は「4月にアメリカのベトナム戦参戦記念行事を見守った後で、7月から9月の間に政府の行事をする計画だ。傷を癒して未来へ進む両国の姿を見せるため、戦争の記憶よりは『ライダイハン』や多文化に焦点を合わせることもできるだろう」と話した。しかし、ベトナム戦参戦戦友会などは政府主催の行事で参戦した勇士の犠牲を取り上げることを望み、行事開催の過程で陣痛が予想される。

ベトナム戦には1964年から1973年までの8年6ヶ月間で、猛虎・白馬・青龍部隊などの合計8つの戦闘部隊、延べ人数31万2853人が派兵され、そのなかの4960人が戦死して1万962名が負傷した。

この記事を読む