韓国ポータルの反応

DaumやNaverにあるコメントを紹介。意訳・誤訳があることをご了承下さい。

カテゴリ: 文化

崇礼門の丹青、“日本産”接着剤・顔料の使用論難
2013101017074766728_1_59_20131010174203
概説:国宝1号の崇礼門の20ヶ所で丹青が剥がれる現象が発見され、日本産の接着剤と顔料が使用されて論難となっている。

韓国文化遺産政策研究所のファン所長はYTNラジオで日本産の接着剤を使用したのが剥がれた原因の一つと主張した。

ファン所長は「崇礼門の工事を伝統的な手法でするため、文化財庁に伝統的な技法を求めるべきだと要求したが、全く動かなかった」、「我々の天然色素を使えば木材が乾燥した状態で吸収される。だが丹青が落ちたのは日本の洋風製品をつけたからではないかと思っている」と述べた。

また、「5年前から伝統的な接着剤を開発して研究していれば我々の接着剤ができたはずなのに、開発する時間がなくてできなかった。なので結局日本の接着剤を使うしかなかった」と主張した。

一方、工事の責任を負ったホン・チャンウォン丹青匠(重要無形文化財第48号)は「顔料は国産と日本産を共に使用した。綺麗で明るい黄色を出すため、伝統的な方法通りに塗ってから赤い色を重ね塗りしたが、顔料がかなり厚く塗り、その部分が剥がれたようだ」と述べた。

●同じニュースを扱っている日本語の記事はこちら
この記事を読む

“進撃の巨人”作家、“日植民支配擁護”論難
20131017092808511
概説:日本の人気漫画“進撃の巨人”の作者・諫山創が自身のツイッター秘密アカウントで「日本の統治で朝鮮人の人口も寿命も2倍に増えた」と主張したことが16日、一歩遅れてわかり論難となっている。

このような主張は、日帝の韓国植民支配が結果的に韓国の産業化と近代化に貢献したという“式未知代化論”で、植民地支配を正当化する典型的な論理である。

諫山創は6月に非公開ツイッターで「韓国ができる40年前にいた軍隊を一括りにしてナチと同じだと見るのは乱暴だ」と明かした。

彼は「(韓国が)日本に支配されて人口と寿命が2倍に増えた朝鮮人と民族浄化にあったユダヤ人と(状況が)一致するとは考えられない」という文を載せた

諫山創は2010年に“進撃の巨人”の登場人物のモデルの一人が日本軍の将軍の秋山好古かという質問に、「そうだ。そのような方をモデルにするのは恐れ多い。彼の人柄に畏敬の念を持っている」と明かした。

好古は1916年の朝鮮駐剳軍司令官で、高宗皇帝の特使だった李儁烈士のオランダ・ハーグで開かれた世界平和会議出席を阻止した人物だ。

●同じニュースを扱っている日本語の記事はこちら
この記事を読む

“ハングルはダサい”。。漫画で意味の分からない英語を乱発
20131021080006454
概説:<アンカー>
子供たちは漫画が本当に好きです。しかし漫画の中の人気キャラクターを見ると、意味の分からない英語を繰り返し叫んでいます。何でも吸収する年齢の我々の子供達は、キャラクターが使う英語は素晴らしく、同じ意味の韓国語はダサいと感じていました。
キム・ジョンウォン記者のリポートです。

<記者>
テレビに漫画が出てくると、すぐに子供が注目します。

急に席を立ち「トランスフォーメーション!」と稚拙な口調でどうにか真似ています。

このアニメーションについて詳しく調べてみました。

「合体しよう!トボットX、Yインテグレーション(合体)」
「トボット!トランスフォーメーション(変身)」
「ダブリュー!テイクオフ(飛べ)」

インテグレーションは統合、トランスフォーメーションは変身という意味で、大人でもスッとは理解し難い英単語です。外国から輸入された漫画映画はさらに一段上です。

問題は、言葉をちょうど実らせ始める6歳から8歳の子供達が主に見ることです。

キム・シネ/幼稚園教師「幼い頃ほど使うよりも読んだり、聞かせたり、話すことで(ハングルを学びます)。今の時期はそういう時期なので、見てカッコイイと思えばそのまま(間違った)言葉もどんどん受け入れるようになります」

子供達に直接聞いていました。

「(トボットが変身するときは何と言いますか?)トランスフォーメーション」
「(その後、合体するとき何と言うか分かる人は?)分かる分かる!インテク…ション」
「(どういう意味か分かる?)…」

こんな錯覚までしています。

「(どこの国の言葉?)我が国!」
「(『トボットトランスフォーメーション』というのがよりカッコイイと思ってる友達はこっちに来て、『トボット変身』がよりカッコイイと思ってる友達はこっちに来て。始め!)」

聞いてみると、恐ろしいことに子供達は英語がよりカッコイイという側にどっと移動しました。

幼稚園生の6歳「アメリカの言葉が同じならもっと面白いです。“合体”はちょっと変なのでこっち(英語)の方がちょっとカッコイイ」

小学3年生「“合体”だと感じが出ないので“トランスフォーメーション”がもっといいです」

コ・チャンウン/建国大学国語国文学科教授「問題は(外来語ではなく)外国語でしょう。外国語というのはいくらでも簡単に韓国語で表現できるのに、それをそのまま持ってきて使うのが問題でしょう。おそらく有史以来最も深刻な外国語事大主義に陥っていると思います」

グローバル時代に行き過ぎた言語鎖国主義も問題ですが、言語習慣の始まる乳児の段階から意味も分からない英語はカッコ良くて、ハングルはダサいという認識が定着してはいけないという指摘です。

注:トボットは韓国車がロボットに変身するアニメ
この記事を読む

20140529103713023 20140529103713007
20140529103712773
概説:日本の靖国神社の大鳥居の柱に、ハングルの落書きが見つかったと産経新聞らの現地マスコミが28日に報道した。

神社によると、落書きが見つかったところは本殿に向かう参道入口にある大鳥居の左柱で、26日に初めて見つかった。

柱に書かれたハングルは、子音で笑いを意味する「ㅋㅋ」と、悪口を意味する「ㅂX」、その下には「犬X」と書かれてあると伝えられた。

日本の警視庁は通報を受けて調査を進めているが、いつ書かれたのかはまだ把握できておらず、中国マスコミも今回の事件に関心を見せているというニュースを伝えている。

一方、靖国神社は第二次大戦当時の戦犯が安置されているところで、その他にも多くの戦争犯罪者が日本国内で美化されて、英雄として展示されている。

この記事を読む

このページのトップヘ