韓国ポータルの反応

DaumやNaverにあるコメントを紹介。意訳・誤訳があることをご了承下さい。

カテゴリ: 歴史

20140814092812247概説:日本で6世紀に築造された階段型のピラミッド古墳が発見されて、日本の史学会が揺れている。

明日香教育委員会と関西大学は、奈良県明日香村で飛鳥時代(593~622年)の都塚古墳を調査中に階段型のピラミッド型を初めて確認したと13日に発表した。

今回発見されたピラミッド型の古墳は、一辺の長さが41~42メートルで土を積み上げた5段階以上の形態で、高さが約4.5メートルを越えると推定されている。古墳周辺には古墳を守るための垓字(敵の侵入を防ぐために作られた溝)の跡も発見された。

また、古墳の中には長さ12メートルの石室があり、入り口から石棺を運び込んで納入したものと推定される。関西大の研究チームは、その他の古墳全体の形や規模については明らかにしなかった。

研究を率いた米田文孝関西大教授は「このような階段型のピラミッド古墳は百済と高句麗では見ることができるが、それより1世紀も前に作られたもので築造方法も異なるので、韓半島から流入されたものではないと推定される。追加の確認作業が必要だ」と伝えた。

日本経済新聞は、今回発見された古墳が飛鳥時代の豪族だった蘇我馬子の墓から南東側400メートルのところに位置していることから、蘇我一族の墓である可能性があると推測した。

この記事を読む

長いので一部を紹介。
20140812065707221 20140812065707224
民族問題研究所は1910年代後半と1920年代初めにハワイ韓人キリスト学院の責任者で上海臨時政府大統領だった李承晩大統領の裏の顔を示す記録を発掘して11日に公開した。

民族問題研究所は「李承晩は親日発言をしたアメリカ人教師を庇って、それに抗議した韓国人留学生らを処罰しろと指示した」と明かした。研究所は1920年2~3月に李承晩が韓人学校の関係者とやりとりをした書簡、ハワイ韓人キリスト学院の学生が作成した請願書などを収集した。

1919年9月に韓人キリスト学院理事長の李承晩は、アメリカ人女性教師のアレン・ソーンバーグ(Allene Thornburgh)を教師として招いた。ソーンバーグは親日指向の強い人物で「韓国人は豚と変わらない」「日本の支配を受けるのは当然だ」という発言を繰り返した。1920年2月4日に、ソーンバーグの発言に我慢できなくなった学生7人が「韓国人を嫌って朝鮮を貶める人物がいる」という抗議の書簡を他の教師らに伝えた。学生らは「親日・嫌韓発言や、朝鮮学校を侮辱する人物を警告することにした。学校と祖国を侮辱した教師を制止してほしい」と言った。

ミン・チャンホ教頭はワシントンにいる李承晩に電報を送って「親日指向のソーンバーグが学生らを獣と呼んだ。教師を追い出す」と言った。

李承晩はすぐソーンバーグに「ミン教頭に学生らを服従させろと言っておいたので出て行くな」という電報を送った。李承晩はミン教頭にも書簡を送った。彼は「そんなことは許されない。彼ら(学生)に過酷な処罰をしないといけない」と書いた。

この記事を読む

20140614110304284概説:■進行:チョン・クァンヨン(翰林国際大学院大学教授)
■出演:ユ・ジェスン(JPニュース代表)

◇チョン・クァンヨン
ムン・チャングク首相候補の発言が論議となり、日本言論も特筆大書しているようです。どのように報道しているのかを整理します。日本のニュースを韓国語で伝え、韓国のニュースを日本語で伝える方です。JPニュースのユ・ジェスン代表につなぎます。ユ代表、いらっしゃいますか?

◆ユ・ジェスン
はい、こんにちは。ユ・ジェスンです。

◇チョン・クァンヨン
どのくらいのマスコミがどれほどの比重で扱いましたか?

◆ユ・ジェスン
いくつと言うことはできないですね。すべてのマスコミが大きく扱ってます。10日に知られたときから毎日一日も欠かさず、すべての報道機関が「韓国の植民地支配は神の意志だった」というタイトルを付けて、毎日報道しています。

◇チョン・クァンヨン
1面のトップ記事に掲載したところもありますか?

◆ユ・ジェスン
トップ記事まではありません。今はサッカーが話題になっているので。

◇チョン・クァンヨン
ワールドカップ。

◆ユ・ジェスン
はい。今はワールドカップの時期なので、だいたいの関心はそちらに向かってます。親韓派、そして韓国に関心がある人々は重きをおいて見守っています。

◇チョン・クァンヨン
はい。それではタイトルは主にどのように選び、記事の内容は主にどのような構成になっていますか?

◆ユ・ジェスン
一日も欠かさずに、全国に放送網を持っているNHKでさえ問題の発言を何度も繰り返し放送しています。もちろん民放も問題発言を放送しました。日本のすべての言論が報道していて、その中で朝日新聞のような場合は、昨日の記事で「植民地支配は『神の意思』。韓国首相に指名されたムン氏が発言」とタイトルを付けました。読売新聞も同日に「韓国首相候補、日本の植民地支配は神の意志」というタイトルで発言内容を具体的に引用して報道しました。また、毎日新聞は「韓国の植民地支配は神の意志。首相候補の過去の発言」とタイトルを付け、そして日本で最も極右指向だとして知られている産経新聞は、もう少し刺激的で具体的なタイトルを付けました。

◇チョン・クァンヨン
何でしょう?

◆ユ・ジェスン
「韓国の神の意志発言をした首相候補、慰安婦問題でも謝罪を受ける必要はない」というタイトルで報道しました。なので産経新聞を見た反韓派の日本人の間では、「韓国の植民地支配は神の意志だ」という言葉が流行るほど広く知られることになりました。

◇チョン・クァンヨン
流行るほどまで?

◆ユ・ジェスン
はい。

◇チョン・クァンヨン
それでは保守、進歩マスコミに関係なく、すべてが記事をとても大きく扱っていますね。

◆ユ・ジェスン
はい。ウエートのある報道をしていて、一日も欠かさず連日ソウルから現地発で報道しています。

◇チョン・クァンヨン
コラムや社説でも扱っていますか、ただの事件報道ではなくて?

◆ユ・ジェスン
コラムは社説まではまだ出てきてないです。ボックス記事で目につく報道をしています。

◇チョン・クァンヨン
そのボックス記事では解説のようなものが入ってませんか?

◆ユ・ジェスン
解説のようなものは入ってませんが、簡単に目につきます。一番目につく編集形態となっています。

◇チョン・クァンヨン
はい。このような記事に対して、日本国民や日本ネチズンの記事、我々であれば記事コメントのようなものがあるんじゃないですか?日本でもそうしたコメントが多くつくのですか?

◆ユ・ジェスン
そうです。特に産経新聞のような場合は多いです。例えば、朝日新聞や毎日、東京新聞のような場合では、比較的ファクトを中心に報道します。しかし、産経新聞のような場合は、自分たちの口に合う内容だけを切り取って特派員報道をしていて問題になっています。例えば、具体的な報道内容を見ると、「怠けていて自立心が足りず、他人の世話になろうとするのが我が民族のDNAだ」と発言した内容を具体的に紹介しています。それで野党がこれを非難していると報道しました。またムン候補について、日本に親近感を示した発言が韓国で問題視されていると報道して、日本国内でもこれはちょっと酷い指摘ではないかと論議が起きています。

◇チョン・クァンヨン
なので、ムン候補の発言を日本に対して親近感を示した発言という方式で解釈したんですね。

◆ユ・ジェスン
そうです。日本に親近感を示した発言なのに、韓国では大問題になっていると皮肉的に報道しています。

この記事を読む

20140321220109442cap1 20140321220109442cap2
20140321220109442cap3 20140321220109442cap4
概説:[アンカー]

昨年に韓国を訪れた中国人の訪問客は320万人で、初めて日本人を抜きました。ところが、彼らを案内するガイドの資質に深刻な問題があることがJTBCの取材の結果、明らかとなりました。彼らは歴史歪曲を超えて、韓国卑下を躊躇いませんでした。

イム・ジンテク記者が取材しました。


[記者]

中国の観光客が南山の安重根義士記念館にいます。

中国人ガイドの説明が始まります。


[中国人の観光ガイド:安重根が誰かというと、中国の東北三省で日本軍に抵抗して弁当爆弾を作った人です。]

尹奉吉義士と安重根義士を混同していると思った瞬間、

[中国人の観光ガイド:実際、安重根のような人達は、今で言えば朝鮮族です。]

抗日独立闘士を蔑視している説明が続きます。

[中国人の観光ガイド:韓国は昔、中国の属国でした。なので韓国の文物には中国の影響を受けた跡があります。]

韓国卑下も躊躇いません。

[中国人の観光ガイド:中国人は自分のことを龍の子孫と思っているでしょう。でも韓国人は自分のことを熊の子孫だと思っています。黒熊。]

黒熊、中国語の辞書によれば、黒熊は臆病者や粗末な人のことを言います。

中国人ガイドの資格が急務であると見えます。

この記事を読む

同じ内容の日本語記事から引用

 聯合ニュースが米国立公文書記録管理局を通じ入手した米軍の機密解除文書によると、連合軍の東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)が1945年4月にビルマ(現ミャンマー)で逮捕した日本兵捕虜に軍の付帯施設の一つとして慰安婦を置いていたかを尋問したところ、この捕虜はマンダレー近郊のメイミョに慰安婦が置かれていたと答えた。
 別の機密解除文書では、1945年4月25日に米軍の情報員が中国人の女性看護師から聞いた話として、日本陸軍の軍医が毎週金曜日に中国・満州の慰安所を訪れ女性らの検診を行っていたことが分かった。この慰安所には1級に分類される日本人女性が20人、2~4級に分類される朝鮮半島出身の女性130人がいたが、全員が性病にかかっていたという。
 両文書は慰安婦が旧日本軍の駐留地域に広く置かれていたことを示している。軍医が慰安婦を体系的に管理していたことも確認できる。
 1993年に発表された河野洋平官房長官談話は、旧日本軍が慰安所設置と運営に関与し、慰安婦の募集と移送、管理が総じて本人たちの意思に反して行われたことを認め、謝罪した。しかし、日本の一部勢力は慰安婦の存在自体を否定し、日本政府に河野談話の見直しを迫っている。
 一方、米司法省はこれらの機密文書に基づき独自に調査を行い、慰安所の運営に関し蛮行を働いた旧日本軍の戦犯16人を1996年12月に入国禁止にしたとされる。しかし、司法省は機密解除の時期になっていないとして内容を明らかにしていない。
20140316220207024
20140316220207077 20140316220207130
日本語記事では

・文書によると、当時の慰安婦の花代(接待料)は3.5~5円で、日本軍兵士の月給は24円だった
・尋問を受けた日本兵捕虜は、毎月10円を貯蓄して残りはタバコの購入に使い、自分は利用しなかったと答えた
・軍医は性病が酷い場合は接待を許可しないようにしていた

という内容が省略されている。

この記事を読む

このページのトップヘ